身長158センチでウェイト48キロ。これが私のベストのウェイトでした。
20年以降、こういう金字塔ウェイトが大幅に変わることなく40年を迎えたわけですが、あることをきっかけにウェイトがグングン増えていきました。
そのあることは、禁煙。20年からタバコをはじめ、20数年経過していたのですが、こういう禁煙のご時世、何となく肩身もグングン小さくなり、タバコの値段も20時世前のダブル程の金に。それに追い打ちをかけて、スタミナの減衰がかかり、心身共にタバコを止めなければいけない状態になりました。実に禁煙は大変で、最終的には禁煙外来で治療する結果取り止めることが出来ました。ですが、禁煙のハピネスも心持ち、気付いた時折、48キロが58キロ、10キロも太っていました。
今まで履けていたジーンズが入らなくなり、おなかの肉がカラダを曲げるたびに厄介だし、風貌も過密だ。これはヤバいと言う事でダイエットアプリでウェイト、夕食のカロリーを制御、もっと、ヨガという筋トレアプリも利用して、人生初、本格的に痩身に取り掛かりました。
も、簡単にはウェイトは落ちません。3ヶ月寸法、ワンデイ約1200カロリー、ヨガ、筋トレ、(合わせて半弱)飽きくさいわたくしとしてはどうにも頑張った手法なんですが、3キロしか落ちませんでした。いよいよ年齢による交代の衰え、基本的に動き欠乏なので、運動してもすぐ疲れてしまい十分に動きも出来てなかったような気がします。交代をつりあげるためには筋肉を附けることが必要ですが、それが大変です。意外と疲れちゃってしんどい。やはり継続することが必要だと想うのですが、3ヶ月でとりあえず、とにかく痩身キャンセルしちゃいました。その三ヶ月寸法、散歩、潜り、クラブなんかも、やってみましたが、わたくしは潜りが一番合ってた様な気がします。水中で重力をいまひとつ感じずに歩いたり泳いだりすることはリフレッシュ成果もありました。実に気持ちが良かった。清々しい疲弊でした。ただ、お金が掛かるんですよね。資金貯めて、又ジムにたどり着けるように頑張ります。生活費がないなら